MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RESULTS
次の10件1 | 2 | 31件〜10件(全23件中)
Genre:DC/HH
Format:EP
Type:R
Condition:EX
LISA-LISA AND CULT JAM with FULL FORCE
I WONDER IF I TAKE YOU HOME(45)
(1984/US/COLUMBIA/38-04886)
LATIN FREESTYLE CLASSIC。海外のOLD SCHOOLをテーマにしたMIXにはよく収録されますし楽曲に引用されることも度々あります。海外における「CLASSIC」としての認知度は想像以上に高い楽曲で今でも強い影響力があると思います。7インチシングルはコンパクトにEDITされていルところも良いです。
#HIPHOPCLASSIC
#80SCLASSIC
#45※この商品は45回転7インチシングルです。
Read More
  \1,600
視聴する  
詳細情報
Genre:HH
Format:12
Type:P
Condition:EX-
APACHE
GANGSTA BITCH
(1992/US/TOMMY BOY/TB 541)
45 KINGが率いていたFALVOR UNITにオリジナルメンバーとして参加していただけあってとても魅力的なMCですね。この"GANGSTA BITCH"もダーティーな表現ではありながらも女性に対する思いをぶちまけた良い曲です。LITTLE FEET"FOOL YOURSELF"のドラムを見事な音質でループした上にMONTY ALEXANDERの"LOVE AND HAPPINESS"をフィルターを駆使して重ねた素晴らしいトラックはQ-TIP。最高です。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
  \1,000
視聴する  
詳細情報
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX-
ORIGINAL CONCEPT
BITE'N MY STYLEE / PUMP THAT BASS/LIVE(GET A LITTLE STUPID...HO!)
(1986/US/DEF JAM/14-05961)
リリースが1986年ということでDEF JAMが一度目の全盛期を迎える頃の一枚。90年代のHIP HOPに比べるとこうした80年代のHIP HOPは少し人気が落ちるような気はしますがこうした楽曲が後のHIP HOPに与えた影響は無視できません。曲のタイトルにもなってる「GET A LIL' STUPID PUMP THAT BASS!」のラインも印象的な一枚。ヘビーなギターの音にHERMAN KELLY"DANCE TO THE DRUMMER'S BEAT"のサンプルを短く使い、ROLAND TR-808のBOOMIN'なKICKがうなりを上げる極太トラックがたまらなく格好良い一枚。メンバーのDOCTOR DREは後にED LOVERとYO! MTV RAPSのホストとして大活躍したことでも有名ですね。
※ラベルに剥がれあります。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,000
視聴する Recommend
詳細情報
Genre:HH
Format:12
Type:R
Condition:EX
SLICK RICK
SITTIN' IN MY CAR
(1995/US/DEF JAM/422 853 993-1)
獄中で制作された"BEHIND BARS"からのカット。HIP HOP CLASSICとして有名な"LA DI DA DI"はもちろん古くからの盟友であるDOUG E. FRESHのBEATBOXにBILLY STEWARTの名曲"SITTING IN THE PARK"乗せた最高な一曲。またJERMAIN DUPRIが手掛けたRAY PARKER JR.使いの"FOR THOSE WHO LIKE TO GROOVE"も良い出来。
#HIPHOPCLASSIC
#90SCLASSIC
Read More
  \1,200
視聴する  
詳細情報
Genre:HH
Format:12
Type:P
Condition:EX
DIGITAL UNDERGROUND
FREAKS OF THE INDUSTRY
(1990/US/TOMMY BOY/TB 970)
DIGITAL UNDERGROUNDと言ったら"HUMPTY DANCE"のイメージも強いですがアルバムを通して聴くとこうした怪しい雰囲気のFUNKっぽい曲も得意であることがわかりますね。そんなNASTYな楽曲の隠れたクラッシックがこれ。プロモオンリーだった上にこちらの赤のクリアー盤はなかなか見かけません。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
  \2,300
視聴する  
詳細情報
Genre:HH
Format:12
Type:R
Condition:EX
JUNKYARD BAND, THE
THE WORD
(1986/US/DEF JAM/44-05922)
初期DEF JAMの数ある名曲の中でもひときわ異彩を放つ一枚ではないでしょうか。GO-GOのあの特徴的なリズムにMOOGだけのトラック。そこに子供のラップと歌が乗るだけで結構な分数を飽きずに聴かせてしまうなんて素晴らしすぎます。"THE WORD"、そして同じような構造の"SARDINES"ともにクラッシック過ぎるほどのクラッシック。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
  \2,000
視聴する  
詳細情報
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
SCHOLAR1
TURN UP THE RADIO
(1990/US/G FINE/GF 12005)
G FINEレーベルから。レーベルオーナーでありプロデューサーも務めているLYIO GとP FINEという人物はこの時代のHIP HOPにおいては結構重要な位置付けの人物です。90年代に入るとFU-SCHNICKENSを手がけていたりUMM RECORDINGS、KICK ASS RECORDS、BRONX SCIENCE/BUDSなど結構有名なインディーレーベルを運営しています。かなりのHIP HOPエリートと言える人物がかかわっているだけにやはり外しませんね。大ネタ使い、この時代ならではの荒らしさ、ちょっと抑えたラップと良い要素が揃っています。またタイトルが”TURN UP THE RADIO”というのもHIP HOPがラジオを通して広まりつつあったこの時代の世相をよく反映しているような。とにかく80年代終わり頃から90年代初頭のインディーズらしさに溢れた素晴らしい一枚だと思います。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \2,800
視聴する Recommend
詳細情報
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
M.C. SUGAR RAY AND STRANGER D.
KNOCK 'EM OUT SUGAR RAY
(1989/US/NEXT PLATEAU/NP 50095)
M.C. SUGAR RAYさんは大ベテランですね。いわゆる「GOLDEN ERA」と言われる時代にインディーでのリリースから始めてこのシングルを経てDOUBLE XX POSSE〜DOUBLE Xとのし上がったかたHIP HOPエリートです。この当時のこういったエリート的な立ち位置の人たちは先輩の動きも良く見てますし実際にいろいろと繋がりもあるせいか本当に直球のHIP HOPをやりますね!これもド直球な一枚で大ネタをうまく処理したトラックに固く乗せられたラップの格好良さがたまりません!この盤のリリース以前にリリースされたDEF CITY盤は古くからレアな一枚として有名ではありますが45 KINGが加勢したこのシングルもお値段は抑え目で魅力的な一枚だと思います!今こそオススメしたい一枚です!
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
詳細情報
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
JAZ B. LAT'N
SET IT OFF
(1994/US/MERCURY/856 003-1DJ)
これ昔から「BLACK SHEEPがフックアップした」みたいな事情で紹介されてきたグループなんですが果たしてそうなんでしょうか?確かにMR.LAWNGEによるREMIXが一番前に出てはいるんですが…。このシングルが入っていたEP"STREET GAMINS"のクレジットも合わせて見ると…。MERCURYのDANCE路線の楽曲ではかなりの確率で名前が入っているBRUCE CARBONEがEXECUTIVE PRODUCER。2 IN A ROOMのWINSTON ROSAがPRODUCER。80年代後期のCUTTING RECORDSでの仕事が目立つDOSEがCO-PRODUCE。あとEP収録の"THE SPIFF"には2 DEEP 2 SLEEPまでフィーチャリング。これだけあげてみるとほとんどがCUTTING RECORDS関係者ばっかり。なんかそういうこと改めて考えて聴くとSIDE-2の"RADIO VERSION"と"DEMO MIX"の方が格好良く聴こえてくるんですよねー。まんまLATIN HIP HOPじゃないかな?と。
#90SCLASSIC
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,000
視聴する Recommend
詳細情報
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
BLACK BY DEMAND
CAN'T GET ENOUGH
(1988/US/TOMMY BOY/TB 921)
最近になってドキュメンタリーが作られているらしく再び注目を集めている気がするPAUL C.が関わっている一枚。PRODUCED BY のクレジットが入っている作品も多くプロデューサーとして扱われてしまうことも多くいろいろと誤解されてしまうことも多い気もします。しかし!この人の真価はやはりエンジニアリング全般ができるというところではないでしょうか?このレコードにおいてもクレジット上の立ち位置はMIXER。トラックはCHRIS MOOREによるもの。CHRIS MOOREとPAUL Cの関係は結構深く、あのTRIO CONNECTIONの二枚のシングルもこの二人が手がけています。その辺のことも頭に入れて聴くとなかなか趣のあるこのシングル。当時のHIP HOPのプロダクションを知るには必須ですよ。当時のTOMMY BOYらしくアルバムまで出せていないところも今となっては愛おしいものがあります。
#HIPHOPCLASSIC
Read More
Text by tahara \1,600
視聴する Recommend
詳細情報
次の10件1 | 2 | 31件〜10件(全23件中)
TOPページへ戻る
PAGE TOP