MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RECOMMEND
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
前の10件次の10件・・・ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 ・・・91件〜100件(全320件中)
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
CHUCK BROWN & THE SOUL SEARCHERS
BUSTIN' LOOSE
(1978/US/SOURCE RECORDS/SOR-13910)
CHUCK BROWNという人は「GODFATHER OF GO-GO」と評されるミュージシャンで、もともとJAZZをやっていた人だそうです。「GO-GO」といえばリズムとパーカッションの鳴りが特徴的な音楽ですがこの曲はその「夜明け前」とでも言えそうな内容で、パーカッシブなブレイクはいわゆる「GO-GO」サウンドに通じる部分もあるのですが、一般的にイメージされる80年代の「GO-GO」と言うよりは「FUNK」と言ったほうが良さそうな内容です。曲はオルガンで幕を明け各楽器とリズム隊が絡み合いながらじわじわと中毒性の高いGROOVEを叩き出していくFUNK好きにはたまらない内容。そこにねちっこいヴォーカルと掛け声が乗ればこの時点でかなり飯が進んでるはずです。そして曲中盤に現れるブレイク。これでもかというほどの鳴りのよさでクセになる快感はいくつになっても辞められません。DJにとっては曲中盤のこのブレイクは次の曲へ繋ぐ際の使い勝手も非常に良く、重宝すること間違い無しです。現在まで数々のHIP HOP DJ達がミックステープに収録し、幾度と無くサンプリングされ、世界中のダンスフロアを揺らしてきた実績は伊達じゃないはずです。激しくオススメ!!
オリジナルカンパニースリーヴ
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
KURTIS BLOW
RAPPIN' BLOW
(1979/US/MERCURY)
DEF SQUAD"THE GAME"で使用されたCLASSIC OLD SCHOOL BREAK。彼の代表傑作"THE BREAKS"や"DO THE DO"など他のCLASSICSと同時期にリリースされていたHIPHOP CLASSIC。この盤は12インチですが彼のHIT曲は意外にもALBUM ONLY曲にも多いんですよね〜最近、不意に聞いたMIXCDに収録されていた曲もALBUMから拝借されていたDANCE CLASSIC調のNICE GROOVEな1曲でした。恐らく、彼のどの曲を12インチにしても彼はSUPER STARになるべくしてなった人なんでしょうね...流石。個人的には上記した2タイトル+"PARTY TIME""DAY DREAMIN"なども好きですが、コノ盤は"THE BREAKS"に続き2番目に好きです!やはり冒頭部分にやられますね〜素晴らしい!!これを知らないなんて言ってる場合じゃございません!これぞHIPHOPですよ!!!DANCE CLASSICS、HIPHOP、R&Bファンに留まらずクロスオーバーで様々なジャンルの方にオススメしたい1枚!!
#HIPHOPCLASSIC
#OLDSCHOOL
Read More
Text by tahara \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
SAM THE BEAST
GUCCI DANCE LIVE!!
(1990/US/RELATIVITY/88561-1241-1)
この辺りの年代のGO-GOはあまり語られる事も無く謎めいた部分がたくさんあるのですがHIP HOPとは古くから通じる部分が多いだけに放っておけない作品が多いです。完全にHIP HOPの作品としてしか捉えられていない気もしますがDJ KOOLによる"LET ME CLEAR MY THROAT"も当店ではGO-GOであるとされています。この楽曲も"LET ME CLEAR MY THROAT"と同じようなLIVE録音になっています。BEATもわかりやすくGO-GOなんですが"CLEAN UP WOMAN"や"PEE WEE'S DANCE"といった大ネタのはさみ具合とコールアンドレスポンスの熱さなどでは"LET ME CLEAR MY THROAT"に負けていません!DJ KOOLほど強烈な個性があるわけではありませんがGO-GOマナーにしっかり則った曲の展開の仕方には本当に恐れ入ります。これはGO-GO全般に言える事なのですが4小節とか8小節をHIP HOPの合間に挟むようなPLAYでも曲丸ごとを聴かせてしまってもそう簡単には滑らないのがこういうレコードの良いところです!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
URBAN SPECIES
LISTEN
(1993/UK/TALKIN' LOUD/TLKX 43/862 769-1)
TALKIN' JAZZからのリリースだけにUKのACID JAZZ周辺の出身と言っても良いのでしょうか。ACID JAZZと一言で括ってもその出自は様々で UKに古くからあったROCKからの流れもありますし2 TONE/SKAからの流れもあります。このURBAN SPECIESはDJとMCで構成されたユニットだけにACID JAZZというよりはもっと正統なHIP HOPにルーツがある感じでしょうか。実際にレコードに針を落としてみると生楽器もたくさん導入しているためか同時期のUSのHIP HOPとはまた違った質感ながらもかなりしっかりとしたループで聴かせるトラックが印象的。そこにMC SOLAARも客演に加わりこの時期のUKならではの楽曲になっています。
Read More
Text by m.hisataakaa \800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX-
AURRA
A LITTLE LOVE
(1982/US/SALSOUL/SG 366 DJ)
SLAVEに在籍していたSTEVE WASHINGTONとTOM LOCKETTEを中心にボーカルにCURT JONESとSTARLEANA YOUNGを据えて結成されたバンドがこのAURRAです。SLAVEの延長線上にあるのですが、もっとソフトで、メロディアスな雰囲気とでも言いましょうか。男女のボーカルの絡みが非常に耳に残るということもあって「色っぽい」雰囲気が漂うところがたまりません。そしてこの色っぽさというのが後のR&Bに共通しているような気がします。SALSOULからリリースされているFUNKバンド、という事でなかなか結びつかないところもあるのですが80年代後半〜90年代にかけて大量にリリースされたR&Bとの共通点を意識しながら聴くとかなりのめり込める事間違い無しです。この曲はどちらかと言うとFUNK寄りな雰囲気ではありますが現代的なR&Bがお好きな方にもきっと楽しんでいただける一枚。「何から聴いて良いのか分からない」なんて思っているDANCE CLASSICS初心者にも非常にオススメです。
※スリーブとラベルに書き込みあり。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
FLAKES
SUGAR FROSTED LOVER
(1980/US/MAGIC DISC RECORDS/MD 1980)
MIGHTY FIREの名でも活躍したバンドです。DANCE CLASSICSの「優等生」的一枚です。イントロからしつこいくらいに絡むシモンズドラム(トゥーンっていう例のあれです)、「SUGAR,SUGAR〜」と唄う女声コーラス、歯切れ良いカッティングギター、そしてファルセットで唄い上げるメインボーカル、中盤にはおいしいDISCO BREAK…、ともう全てが揃った良質盤です。この頃のDISCO MUSICは機材の進化が劇的に進んでいたため、音の性質が大きく二つに分かれます。一つは当時の最新機材であったドラムマシーンを使ったもの。もう一つは昔ながらの生ドラムを使ったものです。この曲は大きく分けて後者に分類されるのですが先述した「シモンズドラム」も使ってる事からちょうど中間に位置する曲であり、その絶妙なバランスに支えられた楽曲に非常に好感が持てます。LA産ということでS.O.L.A.R.なんかに近い感触もあって良いです。いろいろな角度から楽しめる良質盤。
#A.O.R.
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
PENNY FORD
DAYDREAMING
(1993/US/COLUMBIA/44 74881)
そんなに「レア!」って言う程プレス枚数が少ないレコードではないものの非常に出来が良かったことから一時期人気爆発!ブートレグまで出ていたまさに「人気盤」でした。「レアではない」とは言ってもそこまで人気が沸騰した盤だけに中古盤市場での流通量は割と少な目。見つけたら買っといて良い盤だと思います。SHARON REDDの妹であり、SOS BANDへの参加やCHAKA KHANやP-FUNKのセッションへの参加、SNAPとしての活動、JAZZIE Bとの活動などなど…。地味な印象は拭えないものの驚くべきキャリアの持ち主である彼女がARETHA FRANKLINの名曲をカバーしたナイスな一曲!!内容はもう言うまでも無く名盤です!
#90SCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
BILL COSBY
IS NOT HIMSELF THESE DAYS RAT OWN RAT OWN RAT OWN
(1976/US/CAPITOL/ST-2-11530-H-3)
人気コメディアン"BILL COSBY"の76年作。勿論、ユーモラス溢れる語り(ネタ)を披露しながらも本作の醍醐味はバックを努めるミュージシャンによる素晴らしい演奏につきます、アルバムを通してメロウでジャジーな楽曲からファンキーでロック調の楽曲まで幅広い演奏が楽しめる素晴らしい内容。その中でも収録されている"BEN"はJURASSIC 5の"AFTER SCHOOL SPECIAL"でサンプリングされていたりしてネタ盤としても評価されていましたね。個人的にはその"BEN"に加えて、語りが乗らず、時折コーラスが絡むメロウなインスト曲"YOU'RE DRIVING ME CRAZY"がムードたっぷりでオススメですね。他にもファンク直系の演奏にJ.B.顔負けのシャウトがのる"I LUV MYSELF BETTER THAN I LUV MYSELF"も素晴らしいです。オススメ!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
CARON WHEELER
STAR
(1999/US/AIRTIGHT/ATR 8001)
SLAAM REMI仕事!90年代から本当に多くの仕事をこなしサンプリングをばんばんやりながら現在もちゃんと仕事してる数少ないプロデューサーの一人だと思います。特にここ最近はまたSALAAM REMIが気になってしょうがないです。キャリアが長い上にずーっとクオリティーは落とさないわトレンドもうまく消化してるわ変に前に出過ぎないわダサい出稼ぎもやらないわで理想的なプロデューサーだと改めて思います。プロデュースやリミックスするアーティストも全く選ばず、このレコードでもUKの歌姫であるCARON WHEELERとUSの飛び道具BIZ MARKIEという素晴らしい組み合わせなところにばっちりなビートを提供しています。お聴きいただければわかりますがまさかの"ROCKY"ネタ(!)で本当に良くできたトラックです!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
RUNAWAY SLAVE
BOOTY MISSION
(1992/US/SAVAGE/74785-50029-1)
お父さんがVAN GIBBSという人でこの方も80年代初期からHIP HOPやDISCO関連のレコード制作に関わってきた方なんですがその息子さんであるSALAAM REMIのキャリア初期の仕事。90年代HIP HOPにおいては非常に重要な制作者の一人なんですがこの1992年リリースの作品はなかなかおもしろいです。「90年代HIP HOP」と一言で言ってしまいがちなんですが1992年の作品と1994年〜1995年の作品ではドラムの表情が結構変わってきます。この頃のドラムはまだ「ループ感」がしっかりあるんです。SALAAM REMIの初期の仕事もその例に漏れずこの曲でのドラムも非常に「ループ感」があります。同じプロデューサーの仕事も2〜3年でこうも変わるのか。というのを頭に置いて聴くとなかなか楽しいですよ。ぜひSALAAM REMIの他の作品と合わせて聴いてみてください!
Read More
Text by tahara \600
視聴する Recommend
前の10件次の10件・・・ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 ・・・91件〜100件(全320件中)
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
TOPページへ戻る
PAGE TOP