MEMBERS
ID:
PASS:
パスワードをお忘れの方はこちら
会員登録情報変更はこちら
SEARCH
Artist(アーティスト)
Title(タイトル)
All(オール)
カートの中身を確認
How to read
How to read
お電話でもオーダーできます
10,000円以上送料無料!
代引き手数料一切無料!
オーダー後2週間以内であれば商品到着の日時指定が可能!
会員登録
メルマガ配信登録
PUT THE RECORD BACK ON!!究極のDISCガイドVINYL7'S ULTIMATE DISC GUIDE
For Foreigner
VINYL7 RECORDS -blog-
VINYL7 RECORDINGS
レコード・CD・DVDの買取・トレード
クロネコ@ペイメント
クロネコ@ペイメント
RECOMMEND
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・11件〜20件(全390件中)
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
DOUG E. FRESH AND THE GET FRESH CREW / DOUG E. FRESH AND M.C. RICKY D
THE SHOW / LA-DI-DA-DI
(1985/US/REALITY/D-242)
歴史的名作!!楽曲としてはもちろんのこと、このレコードからあらゆる部分がサンプリングされていることでも有名なレコードですね。特にNYを中心にしてHIP HOPがそれまでには無い盛り上がりを見せた時代の代表的なヒット曲だけに「本場」においては特別な意味を持つ楽曲のようですね。アニメ「INSPECTOR GADGET(ガジェット警部)」のテーマソングの印象的なリフを見事になぞったトラック。そこへDOUG E. FRESHとSLICK RICKが"THE SHOW"についての心構えをおもしろおかしく軽快な掛け合いで披露するという素晴らしい歌詞。そしてB/Wに収録された"LA-DI-DA-DI"もクラッシック!DOUG E. FRESHのBEATBOXの上でSLICK RICKが前口上から始めて年増の女性(彼女のお母さん?)に言い寄られるエピソードをを見事な言い回しでRAPして聴かせます。とにかく印象的な言い回しの連続なので「声ネタ」として何度もサンプリングされる理由がよくわかります。「おもしろいエピソードをリズミカルに聴かせる」というスタイルは日本の河内音頭や浪花節、浪曲なんかに通じるものがありますね。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:EP
Type:R
Condition:EX
EAZY-E
WE WANT EAZY / EAZY-ER SAID THAN DUNN(45)
(1988/US/RUTHLESS / PRIORITY/LS 57108)
1988年の"STARAIGHT OUTTA COMPTON"の大成功を受け、当時のグループ内ではもっともキャラが立っていたEAZY-Eがリリースしたソロ作。N.W.A.として成功していただけにグループ内での揉め事もまだなくDR.DREとYELLAがプロデュース。BOOTSY COLLINS"AHH...THE NAME IS BOOTSY,BABY"をサンプリングどころかカバーしてしまったかのような曲になっていて当時のアメリカ西海岸産HIP HOPの雰囲気がよくわかります。特にG-FUNKが確立される以前の西海岸のHIP HOPの雰囲気が濃厚で良いです。また曲がLIVE仕立てで、DR.DREが煽りを披露してハイプマンの役割をこなしているところも格好良いです。またB/Wの"EAZY-ER SAID THAN DUNN"はよりストレートな西海岸産GANGSTA RAPでこちらも最高!西海岸産HIP HOPにいてはクラッシック中のクラシックですが7インチシングルだとなかなか出てくれない一枚。ピクチャースリーブに少し経年のダメージはあるものの比較的きれいなのでお早めに。
#45※この商品は45回転7インチシングルです。
Read More
Text by m.hisataakaa \3,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
TOM BROWNE
LOVE APPROACH
(1980/US/ARISTA/GRP 5008)
大ヒット曲である"FUNKIN' FOR JAMAICA(N.Y.)"を収録したアルバム。しかしこのアルバムをあの曲だけしか聴かないのはすごく勿体無いですよ!!自身のアレンジに加えてDAVE GRUSIN、LESETTE WILSON、WELDON IRVINEもアレンジャーとして参加!でDAVE GRUSINとLARRY ROSEN(このアルバムのプロデュースも行なっています)がARISTA内に開設したレーベルであるGRPからのリリース。当時CROSSOVERとも呼ばれていたFUSIONやJAZZ FUNK、R&Bの良いところを凝縮したようなアルバムです!!"FUNKIN' FOR JAMAICA(N.Y.)"における力強いボーカルを堪能した後もTOM BROWNEの素晴らしいトランペットが響きます。そして最後の溝"WEAK IN THE KNEE"が再び女性ボーカル曲。結構起伏に富んだ展開もあってアルバム一枚を通して聴くのが本当に楽しい一枚なんですよ。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,400
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
AL GREEN
AL GREEN IS LOVE
(1975/US/HI/SHL 32092)
1969年の一枚目のアルバムから1975年のこのアルバムまでに既に10枚近くのアルバムをリリース。WILLIE MITCHELLと組んでのHIからのリリースだけ数えても8枚目でしょうか。なかなかのペースでアルバムを残しているわけですがアレンジの芯の部分はほぼ変わらないというのが素晴らしいですね。はっきり言ってずーっと同じです。ただ変わらないが故に円熟味を増していく良さははっきりとあるわけで。一度でも「あーAL GREENは良いな」と思ったことがあればこれも素晴らしく良いものに聴こえるはずです。プロデューサー、シンガー、バックを支えるミュージシャン、スタジオ、エンジニアと全てが完璧に機能している作品の良さが伝わってきます。シングルカットは無かったもののMOBB DEEPがNASとRAEKWONを客演に迎えた"EYE FOR A EYE(YOUR BEEF IS MINES)"でサンプリングされていた"I WISH YOU WERE HERE"収録。
Read More
Text by m.hisataakaa \2,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
TEENA MARIE
SQUARE BIZ
(1981/US/MOTOWN/M 35000V1)
RICK JAMESのバックアップを受けてMOTOWNからデビューという経緯も大きいと思いますがシンガーとして、作曲家としてのセンスも素晴らしく一人のアーティストとしてとても立派な方ですね。たくさんのヒット曲を放っていますが中でもHIP HOPリスナーにはとてもなじみが深いのがこの曲。MIXにはしょっちゅう収録されていますし、THE FIRM"FIRM BIZ"で丸ごとサンプリングていたこともよく知られていますね。とにかく元気いっぱいな出だしから気分が高揚させられるアレンジで80年代FUNKの名曲に間違いありません!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,680
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
HOWARD JOHNSON
SO FINE
(1982/US/A&M/SP-12048)
BLACK CONTEMPORARY〜ADULT CONTEMPORARYと呼ばれるような楽曲のお手本のような一枚と言っても良いかもしれませんね。一昔前は「薄い」みたいなことを言われていたような気もしますが80年代初頭のトレンドをとうまく取り入れた楽曲の雰囲気は今聴くとかなりしっくりきます。"IF YOU WANT IT"のヒットで知られるNITEFLYTEのボーカルだったHOWARD JOHNSONがKASHIF作の曲を歌い本当に気持ちの良い一枚になっています!80年代のDISCO楽曲がお好きな方にはもちろんA.O.R.のような雰囲気がお好きな方にも自信を持ってオススメできます!!B/Wの"THIS IS HEAVEN"も良いです。
#80SCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:R
Condition:EX
TREACHEROUS THREE, THE
PUT THE BOOGIE IN YOUR BODY
(1981/US/ENJOY/ER-6018)
本当にOLD SCHOOLらしいOLD SCHOOLですね。この頃のHIP HOPの曲は「LIVEで盛り上げてなんぼ」な雰囲気が濃くあるような気がします。RAPの聴かせ方ももちろんですが観客を巻き込んでのコールアンドレスポンスの部分までもしっかりと記録されているのがとても良いです。TREACHEROUS THREEの他の曲でも聴ける息のあった短い小節でのマイクリレーとともにこのあたりのマイク捌きのスキルみたいなところは今聴いても非常に楽しいものです。またこの曲同じタイトルでバックトラックが全く違うものがありますね。赤色のラベルでER-6028の番号の記載がある盤に収録されているほうはPARLIAMENTの"FLASHLIGHT"の弾き直しになっています。ちなみにこちらの銀色のラベルの盤でも状態が良いものに出会うことは本当に少なくなってしまいました。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:12
Type:P
Condition:EX
ATTITUDE
WE GOT THE JUICE
(1983/US/ATLANTIC / RFC/DMD 601)
THE SYSTEMとしておなじみのDAVID FRANKとMIC MURPHYが手がけたグループによるヒット曲。ELECTRO FUNKよ呼ばれる80年代特有の空気感が濃くて良い感じです。当時人気を博したMEGAMIXもののレコードにもよく使用されていて有名なものだと"BIG APPEL II" なんかはど頭でこれのアカペラが出て来ます。またスクラッチっぽい音(実際にレコードを擦っている音ではないです)やラップが入っているところは当時勢いを増しつつあったHIP HOPを意識しているようでその辺もポイント高いです。まだまだリリース量が少なかったHIP HOPのレコードと並べてかけられていたんだろうなー、なんて想像をしながら聴くと楽しくなります。"DUB"や原曲のアカペラをパーツごとに分けて収録した"A CAPELLA GLIMER"といった当時のDJに向けて収録された溝も今でもいろいろ役に立つと思います。
Read More
Text by m.hisataakaa \1,200
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX-
BLUES PROJECT, THE
THE BLUES PROJECT LIVE AT TOWN HALL
(1967/US/VERVE FORECAST/FT-3025)
DANNY KALB、STEVE KUTZ、AL KOOPER、ANDY KULBERG、DONALD KRETMER、ROY BLUMENFIELD、TOMMY FLANDERSと凄い面子からなるグループ。1960年代特有の「JAZZ、BLUES、R&Bを元にFOLKやサイケデリックな感覚も取り入れたROCK」をひたすら真面目にやったグループ。といったところでしょうか。BEATLESやROLLING STONESのアメリカでのヒットというのはとても大きな出来事だったでしょう。しかしながら彼らが挑戦したその特異な音楽性よりもやはり「アイドル」的な存在感が大きく評価されていたのでは?と思う部分が多少あります。そんな状況の中でイギリスのバンドが提示した音楽的な特徴をさらに発展させることに注力したかのようなTHE BLUES PROJECTのようなバンドは、セールス的には振るわなかったにしてもとても大きな意義があったことなんだろうな、とアルバムを通して聴くと思えてきます。BEATSIE BOYSが"FLUTE LOOP"でサンプリングした"FLUTE THING"のライブテイク"(ELECTRIC) FLUTE THING"はサンプリングソースとして有名な曲ですがその他の収録曲もJAZZ、BLUES、R&Bから受けた影響をROCKやFUNKへと発展させていく様子がよくわかる素晴らしい内容です。
MONO盤です!
Read More
Text by m.hisataakaa \1,800
視聴する Recommend
Genre: 
Format:LP
Type:R
Condition:EX
ANITA BAKER
GIVING YOU THE BEST THAT I GOT
(1988/US/ELEKTRA/60827-1)
それまでのR&BチャートがTHE CASH BOXにおいてBLACK CONTEMPORARYチャートに名称が変更さた頃の音楽を聴いていると「R&B」というジャンルがどこまでをカバーするのか実にあやふやに思えてきますね。日本では「ブラコン」と呼ばれた、この頃の楽曲は今までそんなに注目されてこなかったので改めて聴いてみるのも良いかと思います。ちょっと違うニュアンスを含むところもありますがこの手のカテゴリーの中でやはりSADEあたりも有名でした。そしてレコード会社のセールスプロモーション上、SADEにとっての良き対抗馬にされたのがこのANITA BAKERだったような気がします。SADEとはまた違った「アメリカっぽい都会らしさ」。そして当時並行して流行していたSMOOTH JAZZのような要素も多く入っているところはとても素敵です。ヒットしたタイトル曲やA TRIBE CALLED QUESTのヒット曲"STRESSED OUT"でメロディーを拝借された"GOOD LOVE"あたりは非常におすすめ。アルバム通して一貫した大人っぽい雰囲気があって非常に楽しめます。
#80SCLASSIC
Read More
Text by m.hisataakaa \1,600
視聴する Recommend
前の10件次の10件1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 ・・・11件〜20件(全390件中)
絞込み検索 New Arrivals(このジャンルの新入荷商品のみ表示) ALL(このジャンルの商品を全て表示)
数字 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ
TOPページへ戻る
PAGE TOP